米国Fallon Medical CenterのAbby L'Heureux氏らは、台湾の全国的医療データベースから、大腸癌と診断されたケースと診断されていなかったコントロールを選んで、甲状腺機能亢進症機能低下症がその後の大腸癌発症に及ぼす影響を検討するケースコントロール研究を行い、どちらの甲状腺疾患がある人も、大腸癌を発症するリスクが低かったと報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年5月17日に掲載された。

 これまでにも、甲状腺ホルモンが大腸癌などの発生と進行に関係するいくつかの重要な経路に影響を及ぼす可能性は示唆されていた。しかし、甲状腺疾患と大腸癌の関係について検討した研究では、一貫した結果は得られていなかった。大腸癌は台湾では4番目に多い死因であり、これまでの研究では東アジアの人々がほとんど対象に含まれていないことから、著者らは台湾の住民を対象に甲状腺機能と大腸癌の関係を調べることにした。

 Taiwanese National Health Insurance Research Database(NHIRD)を用いて、2008年1月1日~2013年12月31日までの期間に、新たに原発性大腸癌と診断され、それ以外に癌の病

甲状腺ホルモンの異常は大腸癌を減らす?の画像

ログインして全文を読む