心不全は術後死亡の危険因子とされているが、心不全の重症度とリスクの関係を調べた研究は少ない。米国Stanford大学医学部のBenjamin J. Lerman氏らは、60万人を超える退役軍人局の診療データを後ろ向きに分析し、心臓以外の待機的な手術を受けた患者では、症状のある心不全も、症状のない心不全も、90日死亡率の上昇に関連していたと報告した。結果はJAMA誌2019年2月12日号に掲載された。

 心不全患者の左室駆出率(LVEF)低下と、臨床症状の存在は、いずれも長期的な死亡リスクと関係することが知られているが、それらが手術成績に及ぼす影響は十分に検討されていなかった。そこで著者らは、LVEFが低下した心不全と維持している心不全、症候性と無症候性の心不全患者の術後死亡リスクを、それぞれ心不全ではない患者の術後と比較するために、米国の退役軍人局の手術改善プログラムと診療データベースを利用することにした。

 Veterans Affairs Surgical Quality Improvement Projectデータベースに登録されていた、2009年から2016年までに心臓以外の待機的な手術を受けた全成人患者60万9735人の記録を入手し、術後1年間の転帰を追跡した。心臓手術、救急患者、内視鏡

心不全患者の重症度と術後死亡率への影響の画像

ログインして全文を読む