敗血症患者に対するステロイドの有効性と安全性について検討した臨床試験は数多く行われているが、その利益とリスクについては一貫した結論が得られず議論が続いていた。中国四川大学のFang Fang氏らは、ランダム化対照試験(RCT)を対象とする系統的レビューとメタアナリシスを新たに行い、ステロイドの使用は短期の死亡率を減らしていたと報告した。結果はJAMA Internal Medicine誌電子版に2018年12月18日に掲載された。

 この問題については、過去の系統的レビューでも死亡率を減らすというものと、生存利益はないとするものが報告されており、結論が一致していない。一方、2018年には過去の研究に比べサンプル数の多い大規模なRCTが新たに2件報告されたため、著者らは改めて系統的レビューとメタアナリシスを試みることにした。

 MEDLINE、Embase、コクランセントラルに2018年8月10日までに登録されたRCTの中から、敗血症、重症敗血症、敗血性ショックと診断された18歳以上の患者を、各種のステロイドまたはプラセボ、もしくは標準支持療法(抗菌薬の投与、輸液、強心薬や昇圧薬の投与、機械的換気、透析などを必要に応じて実施

敗血症へのステロイド投与のメタアナリシスの画像

ログインして全文を読む