イタリアSanta Lucia Foundation IRCCSのGiacomo Koch氏らは、脳卒中による片麻痺のある患者を対象として、対側の小脳に磁気刺激(シータ波帯域の間欠的なバースト刺激を与えるCRB-iTBS法)を理学療法と併用する二重盲検のフェーズ2a試験を行い、シャム治療群と比較してCRB-iTBS群には歩行とバランスの回復促進が見られたと報告した。結果はJAMA Neurology誌電子版に2018年11月26日に掲載された。

 脳卒中後のリハビリの主な目標の1つが歩行機能の改善だが、どんなリハビリテーションプロトコールがより優れているかについては、決め手に欠ける。脳卒中後の回復過程で、特に歩行とバランスにかかわる神経ネットワークの機能的再編成に、麻痺側と対側の小脳が大きくかかわることが報告されている。そこで著者らは、頭皮から経頭蓋的に磁気刺激を与えるCRB-iTBSをリハビリテーションに併用することで、機能回復を促進できるのではないかないかという仮説を立て、臨床試験を計画した。

 試験の参加者は、2013年3月から2017年6月まで、神経リハビリテーション病院であるSanta Lucia Foundation IRCCSで募集した。対象

磁気刺激の併用で脳卒中リハの回復を促進の画像

ログインして全文を読む