心不全患者は減塩食をとるよう指導されることが多い。しかし、これを支持する質の高いエビデンスはなかった。英国Oxford大学のKamal R. Mahtani氏らは、ランダム化対照試験(RCT)の系統的レビューとメタアナリシスを行って、減塩食の利益を検証しようと試みたが、メタアナリシスを行うにはデータは不足しており、個々のRCTは、一貫した利益を示せていなかった。結果は、JAMA Intern Med誌電子版に2018年11月5日に掲載された。

 心不全の診断と治療は進歩している。しかし、有病率は上昇を続けており、先頃の推定では、世界の心不全患者はすでに2600万人を超えているという。心不全患者に対するエビデンスベースの薬物療法は、症状を軽減し、死亡リスクを低下させて、医療費削減に貢献している。そうした治療に加えて、いくつかのガイドラインは、食事を介した塩分摂取を減らすよう患者にアドバイスしているが、減塩の利益は明らかではない。

 これまでに行われた観察研究の結果は減塩の利益と害を示しており、RCTの一部は有害であることを示唆する結果を報告していた。先に行われた1件の系統的レビューとメタアナリシスは、通常の

減塩食は心不全患者の役に立つのか?の画像

ログインして全文を読む