外来で患者の要望が却下された際に、担当医に対する満足度が下がるのは、どのような申し出なのか。外来受診を終えたばかりの患者に質問票を用いた調査を行った米国California大学Davis校のAnthony Jerant氏らは、紹介依頼、鎮痛薬処方、鎮痛薬と抗菌薬以外の新たな薬の処方、臨床検査の要望が却下されると、満足度が有意に下がっていたと報告した。詳細は、JAMA Intern Med誌電子版に2017年11月27日に掲載された。

医師に却下されると患者満足度が下がる要望の画像

ログインして全文を読む