小児期のいじめは、長期に渡って精神面に悪影響を及ぼす可能性がある。英University College LondonのTimothy Singham氏らは、双生児を対象にいじめの調査とメンタルヘルスの評価を行い、遺伝要因とは独立に、いじめを受けることと精神状態の悪化の間に因果関係が存在すると報告した。結果はJAMA Psychiatry誌電子版に2017年10月4日に掲載された。

いじめの影響に対する大規模双生児研究の画像

ログインして全文を読む