米国Washington大学(St. Louis)のBrian F. Gage氏らは、ワルファリンの作用や代謝にかかわる一塩基多型(SNPs)に基づいて投与量を調節すると、関節形成術後の血栓予防目的で使用するワルファリンの有害事象を減らせると報告した。結果はJAMA誌2017年9月26日号に掲載された。

ワルファリンの投与量はSNPsで変更すべきの画像

ログインして全文を読む