米国Boston小児病院のStephanie K. Serres氏らは、米国の小児病院23施設で虫垂切除術を受けた患者のデータを分析し、受診から24時間以内に手術すれば、虫垂穿孔などの合併症を伴うリスクは増加していなかったと報告した。詳細は、JAMA Pediatrics誌電子版に2017年6月19日に掲載された。

小児虫垂炎で手術開始時刻の遅れは合併症を増やすか?の画像

ログインして全文を読む