周術期の高感度トロポニンT(hsTnT)値と30日死亡率の関係について検討し、非心臓手術後の心筋障害(Myocardial Injury after Noncardiac Surgery:MINS)の定義を検討した、カナダMcMaster大学のP. J. Devereaux氏らVISION Investigatorsのメンバーは、非心臓手術を受けた患者のうち術後3日間のhsTnT値のピークが高かった人は30日死亡率が高く、術後hsTnTが上昇していれば心筋虚血の特徴を示さなくても30日死亡率が高かったと報告した。結果はJAMA誌2017年4月25日号に掲載された。

術後hsTnT値上昇は30日死亡率を上昇させるの画像

ログインして全文を読む