ギラン・バレー症候群(GBS)患者に対する治療の有効性やアウトカムの予測に役立つバイオマーカーの探索に取り組んできたオランダRotterdam大学病院のWillem-Jan R. Fokkink氏らは、血清アルブミン値が予測因子として有望であると報告した。詳細は、JAMA Neurology誌電子版に2016年12月27日に掲載された。

アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子の画像

ログインして全文を読む