処方薬、市販薬、ワクチンなどに起因する有害事象により救急部門(ED)を受診した患者のデータを詳しく分析した米CDCのNadine Shehab氏らは、2013~14年には米国の救急外来受診者1000人当たり4人が薬の有害事象によってEDを受診しており、患者の年齢によって原因となった薬剤が異なっていたと報告した。詳細は、JAMA誌2016年11月22/29日号に掲載された。

米国で薬物有害事象による救急受診例を分析の画像

ログインして全文を読む