一般的な脳卒中の危険因子とは別に、性別特異的な危険因子を同定するために、系統的レビューとメタ分析を実施したオランダUtrecht大学医療センターのMichiel H. F. Poorthuis氏らは、女性では妊娠高血圧症などが、男性ではアンドロゲン抑制療法などが脳卒中の危険因子になり得ることを報告した。詳細は、JAMA Neurology誌電子版に2016年11月14日に掲載された。

妊娠高血圧や勃起不全も脳卒中の危険因子にの画像

ログインして全文を読む