小児の急性脳震盪患者の多くは速やかに回復するが、約30%は外傷後1カ月から数年間にわたって持続性脳震盪後症状(PPCS)を経験する。カナダOttawa大学のZuzana Novak氏らは、PPCSとなった小児患者と脳震盪から回復した患者の間で、12週後までのQOLを比較するコホート研究を実施した。その結果、PPCS患者ではQOLの広範かつ持続的な低下を示した。詳細はJAMA Pediatrics誌電子版に2016年10月24日に掲載された。

小児の持続性脳震盪後症状はQOLを低下させるの画像

ログインして全文を読む