スタチンは体重増加と2型糖尿病の新規発症に関係することが知られている。英Cambridge大学のLuca A. Lotta氏らは、LDLコレステロール(LDL-C)を低下させる薬の標的物質(スタチンならHMG-CoA還元酵素)をコードしている遺伝子多型のうち、LDL-Cを低下させるものを選び、2型糖尿病との関係を調べるメタアナリシスを行った。その結果、LDL-C降下薬の標的分子がどれかによって、2型糖尿病発症リスクに差があること、エゼチミブを投与されている患者にはスタチンを上回る2型糖尿病リスク上昇が生じる可能性があることを報告した。詳細は、JAMA誌2016年10月4日号に掲載された。

2型糖尿病リスクはLDL-C低下薬の種類で異なるの画像

ログインして全文を読む