日経メディカルのロゴ画像

JAMA Surgery誌から
ステージIV乳癌でも手術が生存期間を延長する
米国の大規模コホート研究が示唆した原発巣切除の効果

 遠隔転移があるステージIVの段階で乳癌と診断された症例でも、原発巣の切除は生存期間の延長に寄与するという研究が報告された。これは米アイオワ大学のAlexandra Thomas氏らが、1988~2011年までにステージIV乳癌と診断された患者に最初に適用された治療と生存期間の関係を調べたレトロスペクティブコホート研究で、詳細はJAMA Surgery誌電子版に2015年12月2日に掲載されている。

この記事を読んでいる人におすすめ