日経メディカルのロゴ画像

JAMA Pediatrics誌から
乳児期に動物と暮らすと喘息になりにくい
飼い犬や家畜がいる家庭で育つと小児喘息のリスクが低減、スウェーデンの研究で判明

 スウェーデンで行われた大規模なコホート研究で、1歳までに犬や家畜との接触がある子どもでは、6歳までの喘息リスクが有意に低いことが明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ