日経メディカルのロゴ画像

JAMA Intern Med誌より
CKDへの厳格な血圧管理で全死因死亡が上昇
SBP120~139に比べ120未満で増加、後ろ向きコホートの結果

 慢性腎臓病(CKD)患者の血圧と全死因死亡の関係を米国の退役軍人医療データベースを利用して分析した結果、収縮期血圧(SBP)が120mmHg未満に維持された患者の全死因死亡リスクは120~139mmHgの患者に比べて有意に高いことが示された。米国Memphis VA Medical CenterのCsaba P. Kovesdyらが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年8月4日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ