日経メディカルのロゴ画像

JAMA Pediatr誌から
貧困家庭の小児では脳の特定領域に発達不良あり
親の養育姿勢、ストレス経験が海馬の発育に影響、前向き研究の結果

 就学前を貧困家庭で養育された児は、脳の白質、皮質灰白質、海馬、扁桃体の容積が有意に小さいことが示された。米Washington 大のJoan Luby氏らが、JAMA Pediatrics誌電子版に2013年10月28日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ