日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
アリスキレンはプラーク退縮をもたらさない
高血圧前症の冠疾患患者を対象にしたAQUARIUS試験の結果

 直接レニン阻害薬のアリスキレン冠動脈疾患患者に投与し、動脈壁への利益の有無をプラセボと比較したランダム化比較試験(RCT)で、プラークへの影響は両群に有意差がないという結果が示された。オーストラリアSouth Australian Health and Medical Research InstituteのStephen J. Nicholls氏らが、JAMA誌電子版に2013年9月3日に報告した。

 降圧薬を使用して目標血圧値を達成した患者に、さらに降圧薬を投与した場合に、追加の利益が見られるかどうかは明らかでなかった。また、高血圧前症患者に対する積極的な降圧治療の利益とリスクを調べた研究もほとんどなかった。

 前臨床研究では、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の活性化がアテローム性動脈硬化に重要な役割を果たすこと、これを阻害すると動脈壁に直接利益がもたらされる可能性があることが示されていた。そこで著者らは、レニンの産生を阻害するアリスキレンを用いて、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の阻害が、降圧とは無関係に動脈壁に利益をもたらすかどうかをプラセボと比較する二重盲検の多施設RCT「The Aliskiren Quantitative Atherosclerosis Regression Intravascular Ultrasound Study(AQUARIUS)」を行った。

 09年3月~11年2月に欧州、オーストラリア、北米、南米の大学病院と地域の病院103施設で患者を登録。35歳以上で、冠動脈血管造影により20%以上の狭窄が1カ所以上見つかり、収縮期血圧が125~139mmHg、拡張期血圧が90mmHg未満で高血圧前症に分類され、さらに2つ以上の心血管危険因子を有する患者652人を登録した。これらの患者にアリスキレン150mg/日を1週間投与し、忍容性が見られた613人を1対1でランダムにアリスキレン300mg/日(305人、平均年齢60.2歳、男性が74.8%)またはプラセボ(308人、59.2歳、77.6%)に割り付けて104週間経口投与した。追跡は13年1月31日まで行った。

 ベースラインで血管内超音波IVUS)イメージングを行い、狭窄が50%未満でより直線に近い動脈のうち、最も長いものを標的血管に設定した。治療開始から72週以上追跡できた患者について、IVUSイメージングを再度行ってベースラインからのプラークの変化を評価した。

 有効性に関する主要転帰評価指標は、血管内腔にプラークが占める比率を示すプラーク体積率(PAV)の変化に設定。2次評価指標は標準化総プラーク体積(TAV)と、プラーク退縮を経験した患者の割合などに設定した。安全性についても評価した。

 ベースラインと追跡72週以降の両方で評価可能なイメージングデータが得られた患者は計458人(74.7%、アリスキレン群225人、プラセボ群233人)だった。

 ベースラインからの収縮期血圧の変化は、アリスキレン群が-2.9mmHg(95%信頼区間-4.1から-1.7)、プラセボ群が-0.8mmHg(-1.8から0.2)で、両群間の差は-2.09(-3.60から-0.60、P=0.007)と有意だった。拡張期血圧も-2.0mmHg(-2.7から-1.2)と-0.4mmHg(-1.1から0.3)で、差は-1.45mmHg(-2.40から-0.50、P=0.003)と有意だった。血漿レニン濃度はアリスキレン群の方が有意に高く(P<0.001)、血漿レニン活性はアリスキレン群の方が有意に低かった(P<0.001)。

この記事を読んでいる人におすすめ