日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
妊娠前後の葉酸摂取は出生児の自閉症リスク低下にも関係
ノルウェーの住民ベースのコホート研究で明らかに

 妊娠開始4週間前から妊娠8週までに葉酸を摂取した女性から生まれた子どもは、自閉性障害リスクが有意に低いことが、ノルウェー公衆衛生研究所のPal Suren氏らによる大規模な観察研究で示された。詳細は、JAMA誌2013年2月13日号に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ