日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
糖尿病患者ではアスピリンによる出血リスク上昇見られず
アスピリンの有無にかかわらず糖尿病は出血の独立した危険因子

 心血管一次予防を目的に低用量アスピリン投与を受けている糖尿病患者の出血リスクは、アスピリンを使用していない糖尿病患者の出血リスクと比べて有意差がないことが、イタリアConsorzio Mario Negri SudのGiorgia Da Berardis氏らの研究で明らかになった。論文は、JAMA誌2012年6月6日号に掲載された。

 米糖尿病学会(ADA)は、成人の糖尿病患者のうち、血管疾患の既往はないが10年以内に心血管イベントが発生するリスクが10%を超えており、出血リスクの上昇がない人々に対する低用量アスピリン(75~162mg/日)の投与を推奨している。しかし、心血管一次予防を目的として糖尿病患者にアスピリンを投与した場合の利益とリスクのバランスは明らかではなかった。そこで著者らは、大規模なデータを用いて、糖尿病患者と非糖尿病患者の出血リスクに対するアスピリンの影響を調べることにした。

 イタリアPuglia州の住民約410万人のデータを利用して、入院を必要とする消化管または頭蓋内の出血に及ぼすアスピリン使用の影響を調べた。

 410万人の入院や処方に関するデータから、03年1月1日から08年12月31日までに新たに低用量アスピリン(300mg以下)の処方を受けており、初回処方日の時点で30歳以上で、過去1年間にアスピリンの処方がなかった人々(ケース)を抽出。アスピリン使用者1人につき、傾向スコアがマッチするアスピリン非使用者(コントロール)を1人選出した。

 追跡は、初回の消化管出血または頭蓋内出血による入院、死亡、追跡期間終了のいずれかまで行った。消化管または頭蓋内の出血による入院前75日以内にアスピリンが処方されていた場合に「アスピリン使用中のイベント発生」とした。

 主要転帰評価指標は、アスピリン使用中の消化管出血または頭蓋内出血による入院に設定した。

 約410万人の住民の中から、低用量アスピリンの投与を受けていた18万6425人と、コントロールとして同数の非使用者を抽出した。中央値5.7年(160万人-年)の追跡で、6907人が入院を必要とする消化管または頭蓋内の出血を初めて経験した。うち4487人が消化管出血、2464人が頭蓋内出血で、同一日にこれら両方が発生した患者が44人いた。

 1000人-年当たりの出血イベントの発生率は、アスピリン使用群が5.58(95%信頼区間5.39-5.77)、アスピリン非使用群は3.60(3.48-3.72)で、発生率比は1.55(1.48-1.63)と、アスピリン使用群において有意なリスク上昇が示された。

 アスピリンの使用は、ほとんどのサブグループに出血イベントリスクの上昇をもたらしていた。しかし、糖尿病患者では、非使用群と比較した使用群のリスク上昇は有意にならなかった。糖尿病でアスピリン使用者の発生率は5.83(5.36-6.33)、糖尿病でアスピリン非使用者の発生率は5.35(4.97-5.76)で、発生率比は1.09(0.97-1.22)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ