日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
早期乳癌でセンチネルリンパ節微小転移陽性でも5年生存率に影響なし
骨髄への微小転移は5年生存率が低下する可能性

 センチネルリンパ節(Sentinel Lymph Node;SLN)と骨髄の免疫組織化学的な染色は、通常の病理学的または臨床的な検査では同定できない乳癌の転移(微小転移)を同定できる。だが、このうちSLNへの微小転移は、「転帰不良」や「特別な治療の必要性」を示すものではないことが、米Cedars-Sinai Medical CenterのArmando E. Giuliano氏らが行った前向き観察研究で明らかになった。一方、骨髄に微小転移がある場合には5年生存率が低下する可能性があるという。論文は、JAMA誌2011年7月27日号に掲載された。

 SLNに微小転移が見付かった患者に治療を行わないと死亡リスクが上昇するかどうかについては議論があった。一方、乳癌患者の骨髄に見付かる微小転移を死亡リスク上昇と関連付ける報告もあった。しかし、早期乳癌患者に限定して、それらの微小転移が生存に及ぼす影響を調べた研究はほとんどなかった。

 著者らは、早期乳癌で乳房温存手術を受けた患者を対象に、免疫染色によって見い出されるSLNと骨髄の微小転移がどの程度存在するのかを調べ、それらの臨床的な意義を明らかにしようと考えた。

 99年5月から03年5月まで、米外科学会腫瘍学グループの前向き観察研究Z0010試験に参加した米国内126施設で、病期がT1からT2、N0、M0の浸潤性乳癌患者の登録が行われた。術前補助化学療法を受けた患者、両側乳癌の患者などは除外した。

 条件を満たした患者5210人のうち、5119人(98.3%)からSLNが採取されていた。手術時の骨髄穿刺は当初は任意としたが、01年3月以降は必須とした。

 ヘマトキシリン-エオジン(HE)染色で陰性のSLN標本と、すべての骨髄標本を免疫染色した。患者の治療に当たる医師には免疫染色の結果を告げなかった。乳房温存手術後は原則として全乳房照射を行い、必要と見なされたケースには術後化学療法を実施した。

 主要アウトカム評価指標は全生存率とし、2次評価指標は無病生存率に設定した。

 患者の69%が50歳超で、83.3%はステージI、80.1%が浸潤性乳管癌で、腫瘍のサイズの中央値は1.4cmだった。81.2%の患者がエストロゲン受容体陽性だった。SLNはHE染色陰性だったが腋窩リンパ節郭清を受けていた患者が107人いた。

 HE染色陰性だったSLN 3904検体のうち、3326検体(85.2%)について免疫染色が可能だった。349検体(10.5%)に微小転移が見付かった。一方、骨髄標本3413検体に免疫染色を行ったところ、104検体(3.0%)が微小転移陽性だった。SLNと骨髄の両方が免疫染色陽性だったのは6人のみだった。

この記事を読んでいる人におすすめ