日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
H1N1による入院・死亡患者の34%は迅速診断で陰性
米カリフォルニア州での分析、入院リスクが最も高いのは乳児

 新型インフルエンザ2009 H1N1)に感染し、重症化した患者に関する情報が蓄積されつつある。米カリフォルニア州公衆衛生局のJanice K. Louie氏らは、同州内での2009 H1N1流行開始から16週間の入院または死亡例について分析し、季節性インフルエンザ感染の場合と比較した。この結果、2009 H1N1による入院リスクは生後2カ月までが最も高く、死亡リスクは50歳以上が最も高いこと、迅速診断で偽陰性となった患者が3人に1人の割合で存在することなどが明らかになった。詳細は、JAMA誌2009年11月4日号に報告された。

 カリフォルニア州では、2009年4月23日から、2009 H1N1感染者の入院と死亡に関するサーベイランスを強化した。今回著者らは、それ以降8月11日までの16週間に報告された入院または死亡例について、臨床特性と疫学的特徴を分析し、季節性インフルエンザと比較した。

 ケース(症例)の定義は、2009 H1N1感染が確定し、24時間以上入院または死亡した症例とした。感染の判定にはPCRを用い、PCR陽性、またはPCRで「A型インフルエンザ感染だが季節性のH1またはH3には分類できない亜型」と判定された場合を、2009 H1N1感染と判定した。

 報告された患者の医療記録または死亡記録、剖検記録から情報を抽出した。

 16週間に、カリフォルニア州では、2009 H1N1感染者の入院または死亡が1088件あった。年齢の中央値は27歳(0~92歳)で、32%(344人)が18歳未満だった。

 入院または死亡の発生率は、10万人当たり2.8。1歳未満の乳児では10万人当たり11.9で最も高く、70歳以上の高齢者では10万人当たり1.5で最も低かった。

 入院率に限定すると、1歳未満が最も高かった。月齢で患者を層別化すると、生後1カ月児の入院率は10万人当たり35.8、生後2カ月児は21.1と非常に高く、生後3~12カ月になると4.2~12.6に低下した。

 全死亡率は11%(1088人中118人)。死亡率が最も高かったのは、50歳以上の集団だった(50~59歳が20%で最高)。18歳未満は7%(8人)と少なかった。

 症状発現から死亡までの日数の中央値は12日(1~88日)で、死因として最も多かったのはウイルス性肺炎と急性呼吸窮迫症候群だった。

 患者全体の68%(741人)が、季節性インフルエンザ重症化の危険因子として知られている基礎疾患を有していた。危険因子保有率は、小児が60%、成人が72%。

 インフルエンザ重症化の危険因子には含まれていない基礎疾患として、肥満(48%)、高血圧(16%)、脂質異常症(3%)、消化器疾患(10%)が見られた。

 20歳以上でBMIを求めることができた268人のうち、58%(156人)が肥満(BMI 30以上)だった。そのうちの43%に相当する67人は、病的肥満(BMI 40以上)に分類された。肥満者156人のうち、66%(103人)は季節性インフルエンザ重症化の危険因子も持っていた。慢性肺疾患が65%(67人、うち41人は喘息)、心疾患が39%(40人)、免疫抑制状態にあった患者が27%(28人)、糖尿病患者は30%(31人)、腎疾患が12%(12人)など。

 肥満だった156人中53人にはインフルエンザ重症化の危険因子は認められなかったが、それ以外の基礎疾患を1つ以上保有していた患者が13人いた。高血圧が9人(17%)、胃食道逆流症が4人(8%)、脂質異常症が2人(4%)など。

 なお、妊婦が全体の10%を占めていた。

この記事を読んでいる人におすすめ