日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
2型糖尿病の日本人に低用量アスピリンを投与すべきか?
JPAD試験の結果、心血管イベントの一次予防効果は認められず

 日本の2型糖尿病患者を対象に、低用量アスピリンのアテローム性動脈硬化イベント一次予防効果を評価した、Japanese Primary Prevention of Atherosclerosis with Aspirin for Diabetes(JPAD)試験の結果が、熊本大学の小川久雄氏らにより、JAMA誌2008年11月12日号に報告された。主要エンドポイントに有意差は見られなかったが、致死的冠疾患と致死的脳血管疾患を合わせた複合イベントは、アスピリン投与群で有意に少なかった。

 糖尿病は心血管イベントの強力な危険因子だ。低用量アスピリンが心血管イベントの二次予防に有効であることは既に示されており、一次予防効果を調べる研究も複数行われてきた。しかし、2型糖尿病患者への低用量アスピリン投与が一次予防に役立つかどうかは明らかではなかった。

 そこでJPADが設計された。この前向きでオープンラベルの無作為化多施設試験は、PROBE法(評価は、割り付けられた治療を知らない第三者が行う:エンドポイント盲検化)で行われた。

 日本国内の163施設で、2002年12月から2005年5月まで患者登録を実施し、追跡は2008年4月まで継続した。

 対象は、アテローム硬化性疾患(心血管疾患、脳卒中、末梢動脈疾患)の既往がない30~85歳の2型糖尿病患者。2539人(平均年齢65歳、55%が男性)の患者を低用量アスピリン(81mg/日または100mg/日、1262人)もしくはアスピリン非投与群(1277人)に割り付けた。

 患者の糖尿病歴の中央値は、アスピリン群7.3年、非投与群6.7年。糖尿病の管理は良好で、HbA1cの平均値はアスピリン群7.1%、非投与群7.0%だった。

 主要エンドポイントは、アテローム性動脈硬化イベント(突然死、冠動脈死、脳血管死、非致死的急性心筋梗塞、不安定狭心症、新規発症労作性狭心症、非致死的脳梗塞/脳出血、一過性脳虚血発作、非致死的大動脈疾患、末梢動脈疾患を当わせた複合イベント)に設定。分析はintention-to-treatで行った。

 追跡期間の中央値は4.37年。脱落は193人だった。

 非投与群にも必要に応じて抗血小板薬/抗血栓薬(アスピリンを含む)の使用を許可したが、実際にアスピリンを使用した患者は6人(0.5%)のみだった。

 一方、アスピリン群の123人(10%)が試験終了時にはアスピリンを使用していなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ