日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
ビスフェノールAは低曝露でも健康被害に関係か
大規模疫学研究で心疾患や糖尿病のリスクが増加

 近年、飲食物の容器に含まれるビスフェノールABPA)への慢性的な曝露が健康被害を引き起こすのではないか、という不安が広がっている。英国Exeter大学のIain A. Lang氏らは、尿中BPAを指標とした過去最大規模の疫学研究を行い、動物だけなく、人でも、BPAへの低レベルの曝露が心疾患糖尿病、肝酵素高値のリスク上昇と関係することを示唆した。詳細は、JAMA誌2008年9月17日号に報告された。

 BPAは、飲食物容器のコーティングに用いられるエポキシ樹脂に、原料として含まれている化学物質だ。BPAが人体に及ぼす影響として注目されてきたのはエストロゲン様の作用だが、近年になって、BPA曝露が肝臓や膵島細胞、甲状腺などにもダメージをもたらしたり、肥満を引き起こす可能性が示された。

 低レベル曝露については、有害かどうか、現行の規制に変更が必要かどうかについて議論が行われているが、低レベル曝露の影響を調べた質の高い疫学研究がないことも、結論が出ない理由の1つになっていた。

 そこで著者らは、米国の一般成人を対象とした2003~2004年の全米健康栄養調査(NHANES)に参加した人のうち、尿中BPAと尿中クレアチニンの濃度が測定されていた18~74歳の1455人(男性が694人、女性が761人)を対象に、日常的なBPA曝露が成人の健康に及ぼす影響を明らかにした。

 健康への影響は、医師から以下の慢性疾患だと告げられたことはあるか、という質問に対する回答を元に行った。問われたのは、糖尿病、狭心症、関節炎、喘息、癌、慢性気管支炎、冠疾患、気腫、心臓発作、あらゆる肝疾患、脳卒中、甲状腺疾患だった。

 なお、BPAの血液マーカーに対する影響も評価しようと考えた著者らは、CRP、γGTP、乳酸デヒドロゲナーゼ、アルカリホスファターゼ(ALP)、トリグリセリド、LDLコレステロール、空腹時血糖値、空腹時インスリン値も測定した。血糖の恒常性は、HOMA2インスリン抵抗性指数(HOMA2-IR)と、定常状態の膵β細胞の機能(空腹時血糖値とインスリン値を基にHOMA2を用いて算出)の2つを指標として判定した。

 主要アウトカム評価指標は、慢性疾患既診断と、血液中の肝機能、血糖値の恒常性、炎症、脂質マーカーに設定。年齢、性別、人種/民族、学歴、収入、喫煙、BMI、腹囲、尿中クレアチニン値で調整し、ロジスティック回帰モデルを用いて尿中BPA値との関係を評価した。モデル1は、年齢、性別、尿中クレアチニン値で調整、モデル2は全ての交絡因子で調整した。

 尿中BPA値に性差は見られなかった。しかし、低値から高値までの幅は広かった。例えば、適正体重グループ(BMI18.5-24.9)のBPA加重平均値は3.91ng/mL(95%信頼区間は3.34-4.48)だったのに対し、BMIが35以上の肥満者では6.93ng/mL(4.39-9.47)だった。

 尿中BPA高値と、心疾患(冠疾患、心臓発作、狭心症)、糖尿病の間には有意な関係が見られた。

この記事を読んでいる人におすすめ