日経メディカルのロゴ画像

院内心停止の生存退院率は午前3時が最も低い
平日よりも週末の方が低い

 院内心停止の発見と治療は、昼間に比べ夜間の方が、また週日に比べ週末の方が難しいと考えられる。実際に、院内蘇生に関する情報を集めたデータベースを使って、院内心停止後の生存退院率を比較したところ、午前3時が最も低いこと、また平日と週末の生存退院率の差は昼間心停止を起こした患者のみに見られることが明らかになった。米国Virginia Commonwealth大学のMary Ann Peberdy氏らの報告で、詳細はJAMA誌2008年2月20日に掲載された。

 分析対象にしたのは、米国心臓協会(AHA)が資金を提供し、院内蘇生イベントに関する情報を収集している全米心肺蘇生登録だ。ここにデータを提供している507病院で、2000年1月から2007年2月1日までに心停止を起こした18歳以上の患者8万6748人に関する情報を抽出した。午前7時から午後10時59分までを昼間/夕方、午後11時から午前6時59分を夜間、金曜日の午後11時から月曜日の午前6時59分を週末とした。

 主要アウトカムは生存退院、2次アウトカムは心停止後の生存、24時間生存、神経学的予後(cerebral performance category scaleを用いて評価。スコアが1または2、もしくは入院当初に比べ変化なし)に設定した。

 多変量ロジスティック回帰分析を実施。交絡因子候補は、性別、人種、病気の種類、先に存在していた病気と原因、イベント時に行われた介入、病院の規模、イベント発生場所、監視状態、立会人がいたかどうか、最初の拍動の記録などとした。

 8万6748人のうち、5万8593人(67.5%)が昼間/夕方、2万8155人(32.5%)が夜間に院内心停止を起こしていた。昼間/夕方に院内心停止を起こした患者のうち4万3483人が平日、1万5110人が週末だった。一方、夜間の患者のうち2万365人が平日、7790人が週末だった。

 昼間/夕方の心停止に比べ夜間の心停止例では、テレメトリー/心電図の監視を受けていた割合が少なく(77.0%と74.3%、P<0.001)、立会人がいた割合も低く(82.8%と75.1%、P<0.001)、発見されにくい状況にあった。昼間/夕方と夜間では、心停止に関する最初の診断にも有意な差があった。昼間は心室静止が33.5%、無脈性電気活動36.9%、無脈性心室頻拍(pVT)と心室細動(VF)の合計が22.9%、夜間はそれぞれ39.6%、34.6%、19.8%だった(昼間と夜間を比較するとP<0.001)。

この記事を読んでいる人におすすめ