日経メディカルのロゴ画像

クロピドグレルに中止後のリバウンドの可能性
使用中止が凝集亢進作用を引き起こす可能性を示唆

 急性冠症候群ACS)で治療を受けて退院後にクロピドグレルを使用した患者は、使用期間の長短にかかわらず、使用中止後90日までの死亡または急性心筋梗塞リスクが、90日以降に比べ約2倍であることが示唆された。米国Denver退役軍人医療センターのP. Michael Ho氏らの報告で、詳細はJAMA誌2008年2月6日号に掲載された。

 現在のガイドラインは、退院後のクロピドグレル投与期間について、薬物療法またはベアメタルステントの留置を受けた患者では少なくても1カ月、できれば1年間継続するとし、また薬剤溶出ステントの留置を受けた患者の場合は1年以上使用を継続するよう求めている(勧告はクラスIA)。

 著者らは、クロピドグレル投与中止後のリバウンド(凝集亢進作用)を懸念し、ACS(急性心筋梗塞または不安定狭心症)の患者がクロピドグレルの使用を中止すると、有害事象の発生率が上昇するのではないかと考えた。そこで全米規模の後ろ向きコホート研究を行った。

 対象となったのは、2003年10月1日から2005年3月31日までに全米127カ所の退役軍人病院を退院したACS患者で、退院時にクロピドグレルを処方された3137人。ACSに対して薬物療法を受けた患者1568人(平均年齢68.5歳)と、経皮的冠インターベンション(PCI)を適用された患者1569人(63.5歳)について、別々に評価した。クロピドグレルの使用については、処方記録を調べ、使用期間と使用中止日を確定した。

 主要アウトカム評価指標は、クロピドグレル中止後の全死因死亡または急性心筋梗塞(AMI)による入院に設定した。薬物療法群では、クロピドグレル使用期間の平均は302日、使用中止からの追跡期間の平均は196日だった。死亡またはAMIは17.1%(268人、死亡が155人、AMIが113人)に発生。それらのイベントの60.8%(163人)は0~90日の間に発生、21.3%(57人)が91~180日に、9.7%(26人)が181~270日に生じていた。

 追跡1000人-日当たりのイベント発生率は、0~90日が1.31(95%信頼区間1.12-1.53)、91~180日は0.69(0.53-0.89)、181~270日では0.64(0.44-0.94)となった。

 クロピドグレルの使用期間も調整に加えた多変量解析を行ったところ、91~180日に比べ、0~90日の有害事象リスク上昇が明らかになった(率比1.98、95%信頼区間1.46-2.69)。アウトカムをAMIのみとしても、罹患率比は2.39(1.50-3.82)で、やはり0~90日でリスクは有意に上昇していた。

この記事を読んでいる人におすすめ