日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎大差で勝利、副会長もキャビネットで独占
【速報】日医新会長に松本吉郎常任理事が当選

2022/06/25
井上 俊明=ヘルスケアマネジメント記者

日医会長選の投票風景。

 日本医師会の役員選挙が6月25日の定例代議員会で行われ、新しい会長に常任理事の松本吉郎氏(埼玉県医師会)が当選した。松本氏は関東や近畿など大票田の医師会連合の推薦を受けて376人の代議員の8割を超える310票を獲得、64票にとどまった松原謙二氏(大阪府医師会)を大差で破った(無効票1、白票1)。任期は2年後の定例代議員会終了時まで。

 定数3に松本陣営の3人と副会長の今村聡氏(東京都医師会)が立候補して激戦となった副会長選挙は、大阪府医師会会長の茂松茂人氏が265票、全日本病院協会会長の猪口雄二氏(東京都医師会)が262票、東京都医師会副会長の角田徹氏が250票を獲得してそれぞれ当選。副会長の椅子も松本陣営で独占した。今村氏は227票で落選し、陣営の一角を崩すことはできなかった(無効票ゼロ、白票121)。

この記事を読んでいる人におすすめ