日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第65回日本糖尿病学会年次学術集会
糖尿病患者の脂肪肝・肝癌チェック体制に課題
回答医師の57%は糖尿病患者からの肝癌発症例を経験

 長野県の糖尿病専門医を対象としたアンケートから、糖尿病患者の脂肪肝・肝癌スクリーニングは必ずしも十分ではない現状が明らかになった。調査結果を第65回日本糖尿病学会年次学術集会(会期:5月12~14日、神戸市の会場とウェブ配信のハイブリッド開催)で発表した佐久市立国保浅間総合病院糖尿病内科の西森栄太氏は、施設ごとの実情に合わせた仕組み作りが必要であることを強調した。

この記事を読んでいる人におすすめ