日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎京都府保険医協会の会員調査の速報結果
後発品の供給不足は医師の処方にも影響

 京都府保険医協会は2021年10月22日、後発医薬品の供給不足に関する同会の代議員へのアンケートの速報を公表した。それによると、院内処方の医療機関の86.4%が「納入がなくなった・減った医薬品がある」と解答。また、院外処方の医療機関についても94.1%が「在庫がない、あるいは少ないため調剤できない」などと言われた医薬品があるとした(回答数は35)。

この記事を読んでいる人におすすめ