日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎日本感染症学会が提言発表
インフルエンザワクチンの積極的接種を推奨

 日本感染症学会は2021年9月29日、2021-2022年シーズンのインフルエンザワクチンの積極的な接種を推奨する提言を発表した。積極推奨の理由としては、アジアの亜熱帯地域でインフルエンザの流行が確認されている点と日本の集団免疫が低下している可能性を挙げている。

 提言ではWHOの報告を引用し、バングラデシュやインドなどでA/H3N2亜型やB型(ビクトリア)などの流行を認めていると指摘。たとえ小規模であっても繰り返し流行が起こることで、こうした地域ではインフルエンザウイルスが保存され、「今後国境を超えた人の移動が再開された場合に世界中にウイルスが拡散される懸念がある」と説明している。日本の現状については、前シーズンにインフルエンザ罹患者が極めて少数だったことから、「社会全体の集団免疫が形成されていないと考えられる」との見方を示し、「海外からウイルスが持ち込まれれば大きな流行を起こす可能性もある」としている。

 加えて、英国政府が「今シーズンのインフルエンザ流行が早期に始まり、例年の1.5倍の大きさの流行になる可能性がある」などとし、インフルエンザワクチン接種を呼び掛けていると紹介している。

写真1 日本感染症学会の提言

この記事を読んでいる人におすすめ