日経メディカルのロゴ画像

支払側委員「COVID-19患者受け入れ医療機関の一般医療への影響把握を」
中医協総会、次改定に向け入院医療調査を了承
「レセプト件数などの他データからの把握を検討したい」と厚労省

 厚生労働省中央社会保険医療協議会総会は2021年5月12日、新型コロナウイルス感染症COVID-19)の流行の影響も含めた入院医療の2021年度調査の内容を了承した。同調査は、2022年度診療報酬改定について今後議論する際の素材となる。総会に先立って開かれた同協議会の診療報酬基本問題小委員会では支払側委員から、「COVID-19患者を受け入れている医療機関の一般医療への影響をより浮き彫りにする内容を盛り込むべきだ」との声が上がった。これに対して厚労省は、「レセプトなどの他のデータの調査で実態を把握できるよう検討したい」と回答した。

この記事を読んでいる人におすすめ