日経メディカルのロゴ画像

熊本豪雨、特養「千寿園」契機の検討会が報告書を取りまとめ
市区町村による施設への助言など支援策を提示

 厚生労働省国土交通省は2021年3月31日、「2020年7月豪雨災害を踏まえた高齢者福祉施設の避難確保に関する検討会」の報告書を公表した。過去の被災例を検討した上で避難についての課題を取りまとめ、「市区町村が施設に対して避難計画や訓練についてアドバイスを行う」「災害レッドゾーンへ施設を新設する際の補助要件の厳格化を図る」などの具体的な方策が示された。

 同検討会は2020年7月に熊本県などを襲った豪雨災害により、同県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」(社会福祉法人慈愛会)の利用者14人が亡くなったことを受けて、厚生労働省老健局と国土交通省水管理・国土保全局が協働する形で開始された。2020年10月から開かれ、2021年3月18日の3回目の検討会で報告書を取りまとめた(過去記事)。

この記事を読んでいる人におすすめ