日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第85回日本循環器学会学術集会(JCS2021)
リードレスペースメーカーをクラスIで推奨
「不整脈の非薬物治療ガイドライン」がフォーカスアップデート

 第85回日本循環器学会学術集会(3月26~28日、パシフィコ横浜とウェブのハイブリッド開催)で、「2021年日本循環器学会(JCS)/日本不整脈心電学会(JHRS)ガイドライン フォーカスアップデート版 不整脈非薬物治療」が発表された。現行の「不整脈非薬物治療ガイドライン(2018年改訂版)」の中で、変化が著しい領域に限定した部分改訂版と位置付けられる。急速に普及しているリードレスペースメーカー、終末期医療における植え込み型除細動器(ICD)の除細動機能の停止、刺激伝導系ペーシング、心不全を合併した心房細動(AF)に対するカテーテルアブレーション、左心耳閉鎖デバイスなどに関して新規の推奨が加えられた。同アップデート版は、日本循環器学会のウェブサイトで公開されている(こちら)。

この記事を読んでいる人におすすめ