日経メディカルのロゴ画像

後期高齢者の2割負担、「引き続き負担への配慮を要望していく」
日医会長、GoTo一時停止「英断を評価したい」

中川氏は日本医師会の今年の漢字として「命」を掲げ、「全国の医療従事者が命がけで国民の命を守っている」と述べた。

 日本医師会会長の中川俊男氏は2020年12月16日の会見で、政府の観光需要喚起策である「Go To トラベル」の一時停止決定について、「英断をいただいた。率直に評価したい」と述べた。

 菅義偉首相はGo To トラベル事業について、年末年始にかけて全国一斉に一時停止する方針を示している。中川氏は「地域間の移動の促進は気の緩みにつながり、感染拡大のきっかけになっていると繰り返し訴えてきた」とした上で、「様々な産業が苦境に喘ぎ、自殺者が急増する中で、総理は経済対策とのバランスに苦慮されつつご英断いただいた。率直に評価したい」と語った。

 また、12月15日に最終報告が閣議決定された全世代型社会保障検討会議で、後期高齢者の自己負担割合を2割に引き上げる際の所得基準が決定されたことについて、「最終報告は日医の意見を踏まえたものになった」と評価。一方で、「2割負担となる対象者の範囲は狭めるように求めてきた。高齢者の負担に配慮した仕組みになるよう、できるだけの要望を引き続きしていきたい」との考えを示した。

この記事を読んでいる人におすすめ