日経メディカルのロゴ画像

政府の全世代型社会保障検討会議が最終報告、外来の定額負担の対象病院も拡大
後期高齢者2割負担、年収200万円以上に

 政府の全世代型社会保障検討会議の最終報告案が2020年12月14日に取りまとめられ、15日に閣議決定された。主要な論点の1つだった後期高齢者(75歳以上)の医療費の窓口負担割合については、2割負担への引き上げの対象を所得上位30%などに設定することで決着した。施行時期は2022年度後半で、2021年の通常国会で法案を提出する。

 最終報告によると窓口負担2割の対象となるのは、「課税所得が28万円以上」(所得上位30%、現行3割負担の現役並み所得者を除くと23%)および「年収200万円以上」(単身世帯の場合。複数世帯の場合は、後期高齢者の年収合計が320万円以上)の後期高齢者。それ以外は1割にすると明記した。

 導入時期は、準備期間なども含めて2022年度後半(2022年10月~2023年3月までの各月の初日を想定)で、政令で定める。また施行に際しては、2割負担への変更の影響が大きい外来患者を想定し、施行後3年間、1カ月分の負担増を最大でも3000円に収めるといった措置を導入するとしている。

この記事を読んでいる人におすすめ