日経メディカルのロゴ画像

新興感染症の医療計画への追加、厚労省が考え方案
外来機能報告書案も提示、医療計画の見直し等に関する検討会が了承

 厚生労働省は2020年12月3日、「医療計画の見直し等に関する検討会」を開催し、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応を踏まえた今後の医療提供体制の構築に向けた考え方(案)」と、「外来機能の明確化・連携、かかりつけ医機能の強化等に関する報告書(案)」を提示し、同検討会で了承された。前者では、2024~2029年度の第8次医療計画から新興感染症等の感染拡大時の医療を医療計画の記載事項として6事業目に位置付けるとした。後者では、外来機能報告制度(仮称)の創設などを盛り込んだ。

 新興感染症等について第8次医療計画に盛り込まれる具体的な記載事例は表1の通り。「平時」と「感染拡大時」に分けて取り組み事項を記載し、今後、厚生科学審議会感染症部会等における議論の状況も踏まえつつ、記載項目や施策の進捗状況を確認するための数値目標等について、具体化に向けた検討を進める予定だ。

表1 「新興感染症等の感染拡大時における医療」に関する記載項目(案)
(出典:第24回医療計画の見直し等に関する検討会資料)

この記事を読んでいる人におすすめ