日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎パーキンソン病の神経細胞で異常ミトコンドリアが蓄積していないワケ
細胞外へと異常ミトコンドリアを放出する新たな生命現象

大阪大学神経内科教授の望月秀樹氏

 異常になったミトコンドリアは通常、細胞内で分解されるが、このほど、異常ミトコンドリアを細胞外に排出するという新しい生命現象が発見された。

 大阪大学神経内科教授の望月秀樹氏、同講師の奥野龍禎氏、同特任研究員のチュン チジン氏らの研究結果で、電子顕微鏡などを使って溶液中のミトコンドリアを検出する技術を使って、疾患モデル細胞の培養液や遺伝性パーキンソン病患者の脳脊髄液にミトコンドリアが放出されていることを見いだした。結果の詳細は、Autophagy誌オンラインに11月20日に掲載されている。

この記事を読んでいる人におすすめ