日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎楽天メディカルが開発、頭頸部癌治療に新たな選択肢
「光免疫療法」の頭頸部癌治療薬が世界初承認

2020/10/02
日経メディカル編集部

 2020年9月25日、癌特異抗体の投与と近赤外線照射を組み合わせる「近赤外線免疫療法」に用いる治療薬、「アキャルックス点滴静注250mg」(一般名セツキシマブ サロタロカンナトリウム)の製造販売が承認された。楽天メディカルジャパンが開発した同薬は、2019年に先駆け審査指定制度対象品目の指定を受け、2020年3月に条件付き早期承認制度の下で承認申請されていたが、このほど世界で初めて承認された。適応は「切除不能な局所進行または局所再発の頭頸部癌」で、同薬と組み合わせて用いる医療機器レーザー装置「BioBladeレーザシステム」(以下、BioBlade) についても、9月2日に製造販売承認を取得している。早ければ年内にも薬価収載される見通しで、発売時期は未定。

9月29日の記者会見に登壇した、楽天メディカルジャパン代表取締役社長の虎石貴氏(左)、同代表取締役会長の三木谷浩史氏(中央)、米国国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆氏(右)
(提供:楽天メディカルジャパン)

この記事を読んでいる人におすすめ