日経メディカルのロゴ画像

 厚生労働省は2020年9月4日、社会保障審議会・介護給付費分科会を開催した。前回までで事業者団体のヒアリングや個別の議論を一通り終え、今回以降本格的な議論を開始する「第2ラウンド」に入った。事務局は新型コロナウイルス感染症COVID-19)の流行や災害の発生状況を踏まえ、2021年度介護報酬改定の分野横断的なテーマの1つとして「感染症や災害への対応力強化」を新たに追加。事業継続計画BCP)の整備に対する評価や、COVID-19特例的対応を収束後も継続するか否かなどについて、今後議論していく方針を確認した。年末に取りまとめを行い、年明けの諮問・答申に至る(図1)。

図1 介護報酬改定のスケジュール案(厚生労働省資料より)

この記事を読んでいる人におすすめ