日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第45回日本脳卒中学会学術集会(STROKE2020)
新規脳梗塞治療薬、tPA療法適応外の患者にも有効か

 脳梗塞治療薬として開発が進められているSMTPの作用機序や薬効について、東京農工大学大学院農学研究院教授の蓮見惠司氏、東北大学大学院医工学研究科教授の新妻邦泰氏が第45回日本脳卒中学会学術集会(8月23日~9月24日)で発表した。SMTPはtPA療法適応外となる患者に対しても安全に投与できる可能性を秘めているという。

この記事を読んでいる人におすすめ