日経メディカルのロゴ画像

厚労省、看護必要度の施設基準など経過措置の延長を提案
中医協、診療側は全員一致で賛同も、支払い側は猛反発

 厚生労働省は2020年8月19日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる診療報酬上の臨時的な対応の拡充と、2020年度診療報酬改定における一部の経過措置の期限延長を提案した。これに対し、診療側は全員一致で承認したが、支払い側からの承認が得られず、最終的な判断は会長預かりとなった。

 COVID-19にかかる診療報酬上の臨時的な取り扱いの拡充について、厚労省は、以下の3つを提案した。(1)COVID-19患者を受け入れた医療機関等について、年間の手術件数など一定期間の実績を求める要件を満たさなくなった場合でも当該施設基準を満たしているものとして取り扱うこと、(2)職員がCOVID-19に感染または濃厚接触者となり出勤ができない医療機関を「COVID-19患者等を受け入れた医療機関」と同様の取り扱いにすること、(3)緊急事態宣言の期間は、全ての医療機関を「COVID-19患者等を受け入れた医療機関」とみなすこと(図1)。

図1 COVID-19にかかる診療報酬上の臨時的取り扱いの整理
(出典:2020年度第464回「中央社会保険医療協議会総会資料」)

この記事を読んでいる人におすすめ