日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎定例会見で取得までの流れを説明
日医「みんなで安心マーク」を8月頭に運用開始
感染防止対策のチェックリストを満たせば表示可能に

「みんなで安心マーク」のデザインと、会見に臨む日本医師会会長の中川俊男氏。

 2020年7月29日、日本医師会の定例会見が開かれ、院内の感染防止対策を十分に行っている医療機関であることを患者などにPRする「みんなで安心マーク」の概要が示された。来週中にも日本医師会のウェブサイト上で、マークの取得と医療機関を登録するための特設ページが公開される予定だ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、患者が院内感染を恐れて外来受診を控える傾向にある中、会見で日本医師会会長の中川俊男氏は「疾患の早期発見・予防が日本の医療の優れた部分なのに、受診控えによってそれが崩れつつある」と懸念を表明。「患者に安心して受診してもらえるように、感染防止対策をしっかり行っている医療機関の目印として『みんなで安心マーク』を作成した」と経緯を話した(関連記事:安心マークで受診控えに歯止め、働き方改革は「頭を冷やす時間」を)。

この記事を読んでいる人におすすめ