日経メディカルのロゴ画像

News◎全国91グループ病院に導入手順書を配布
日赤本部、フォーミュラリー導入を支援
薬効群ごとに推奨薬を決め、共同購入しやすい体制に

 ⽇本⾚⼗字社は、グループ病院に対して、使⽤ガイド付きの医薬品集(いわゆるフォーミュラリー)の作成を⽀援し、併せて医薬品の共同購⼊を推し進めていく体制を整備する考えだ。 2020年1⽉に、各病院に対して「日本赤十字社使⽤ガイド付きの医薬品集(フォーミュラリー)導⼊⼿順書」を配布した。

 導⼊⼿順書に加え、今後、薬効群ごとのフォーミュラリー推奨薬を日赤本部が⽇⾚薬剤師会の協力を得て選定し、推奨する。また、可能な限り共同購入薬品としても推奨していく。⽇本⾚⼗字社医療事業推進本部主査で薬剤師の⼩⼝正義氏は、「グループ病院は独⽴採算を取っており、規模も設備も患者層も異なる。そのため、本部からも随時推奨薬を選定・推奨していくが、独自の推奨薬を選定することも可能としている。各医療機関がフォーミュラリーの導入作業をしやすいよう本部としてこの手順書を作成した」と説明する。推奨薬の選定は、プロトンポンプ阻害薬(PPI)から開始し、⽣活習慣病治療薬にも対象を広げていく予定だ。

 ⽇⾚のフォーミュラリーでは、薬効群ごとに薬物治療のエビデンスや価格などを基に第一推奨薬を決め、必要に応じて第二推奨薬なども選定する。それ以外の薬剤の処⽅を禁じるものではなく、フォーミュラリー推奨薬以外の処⽅では、当該患者のみに⽤いる「患者限定薬」 や、当該領域の診療科医のみが処⽅できる「診療科限定薬」なども検討する。また、推奨薬以外が選ばれた場合には、電⼦カルテなどによるポップアップやアラート機能などを活⽤し、推奨薬を知らせるなどの仕組み作りを推奨している。

 日赤本部は、医薬品の適正使用を進めるにあたり、2020年度の診療報酬改定においてフォーミュラリーの評価が検討されたことを追風として、各医療施設のフォーミュラリーの導入を推し進めた。

 「グループ病院からは、『フォーミュラリーを導⼊したいが、どのように作成したらいいか分からない』などの声も出ていた」と⼩⼝⽒。その後、診療報酬上の評価は⾒送られたものの、 ⽇⾚として、診療報酬の有無にかかわらず、フォーミュラリーを推進することになった。将来的には地域と連携し、薬品の整理ができればよいと考えているという。

 フォーミュラリーの導⼊に対して、各病院の医師からは「薬剤が選択しやすくなる」 などの歓迎の声も上がっているという。これにより薬品整理が容易になり、不良在庫を減らせる。また、共同購入の推進においてもメリットが期待できそうだ。

この記事を読んでいる人におすすめ