日経メディカルのロゴ画像

中国武漢で原因不明の肺炎多発、患者は59人に
発熱が主、少数に呼吸困難、胸部レントゲンで両肺に浸潤性病変

 年末に中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎が多発し、武漢市保健委員会の発表によると1月5日8時時点で患者は59人に上った(表1)。うち7人は重症で、他の患者は状態が安定している。これまでに163人の濃厚接触者が把握され、医学的監視下にある。病原体の特定は現在も進行中だが、予備調査ではインフルエンザ、鳥インフルエンザ、アデノウイルス、重症急性呼吸器症候群(SARS)および中東呼吸器症候群(MERS)などは除外されている。

 同委員会によると、疫学調査の結果、患者の一部は華南海産物市場の店主だった。まだ予備調査の段階だが、現時点でヒト-ヒト感染の明確な事実は認められず、患者に対応している医療従事者の感染は確認されていないという。

表1 原因不明の肺炎患者の推移

この記事を読んでいる人におすすめ