日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2019)
無症候性ASに早期SAVR施行で死亡リスク大幅減
手術死亡+心血管死亡が91%減、RECOVERY試験

無症候性ASに早期SAVR施行で死亡リスク大幅減の画像

 無症候性の重症大動脈弁狭窄症に対する早期外科的大動脈弁置換術(SAVR)の有効性を検証したRECOVERY試験の詳細が、米国心臓協会学術集会(AHA2019、11月16~18日、開催地:フィラデルフィア)で発表された。主要評価項目に設定された「手術死亡+心血管死亡」は早期SAVR群で91%の大幅なリスク減少を示した。韓国Asan Medical Center-University of Ulsan College of MedicineのDuk-Hyun Kang氏らが報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ