日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2019)
低用量のコルヒチンで心血管リスク23%減
心筋梗塞直後の患者が対象、COLCOT試験

低用量のコルヒチンで心血管リスク23%減の画像

 1日0.5mgという低用量のコルヒチン投与により、複合心血管イベントの発生を有意に抑制されることが明らかになった。COLCOT試験の結果で、カナダ・Montreal Heart InstituteのJean-Claude Tardif氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2019、11月16~18日、開催地:フィラデルフィア)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ