日経メディカルのロゴ画像

小動物の咬傷後に起こる感染症がきっかけか
フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?

フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?の画像

 17年前にフェレットに手を咬まれて蜂窩織炎を発症した大分県警大分中央署の警部補が、今年1月に41歳で死亡していたことが分かった。警部補は、大分駅前交番に勤務していた2002年当時、通報を受けてフェレットの捕獲を試みていた。咬まれた3カ月後に蜂窩織炎を発症して以降、入退院を繰り返して治療を続けていた。地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害として認定した。

この記事を読んでいる人におすすめ