日経メディカルのロゴ画像

海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か

 東京都は2019年10月16日、海外渡航歴がないデング熱患者2例の発生届が、都内医療機関から提出されたことを発表した。患者は10歳代の男女で、血小板減少で都内医療機関に入院していたが、既に症状は消失し、退院している。

 10歳代男性は、9月18日から20日まで、修学旅行で奈良県と京都府を訪れていた。9月27日に、発熱(発症)し、都内医療機関Aを受診した。翌28日に医療機関Aで再診、29日に都内医療機関Bを受診した。10月1日に医療機関Bを再診した際、都内医療機関Cを紹介され、入院となった。症状として、発熱と頭痛、骨関節痛、白血球減少、血小板減少が起きていたが、10月10日には消失し、退院となった。検査により陽性と判明し、発生届を提出した。

 10歳代女性も、男性患者と同じく9月18日から20日まで修学旅行で奈良県と京都府を訪れていた。9月26日に発熱(発症)し、都内医療機関Dを受診した。30日には都内医療機関Eを受診。10月1日に医療機関Eを再診した際に、都内医療機関Cを紹介された。発熱、発疹、白血球減少、血小板減少があり、医療機関Cに入院となった。10月6日に退院。10月10日に検査により陽性と判明し、発生届を提出した。

この記事を読んでいる人におすすめ